コスト削減事例紹介

私たちが取り扱ったご提案例をご紹介します。

※個別削減事例とは -
販管費の中で、削減が課題となっているアイテム(対象)を個別にコストダウンした事例です。
※トータル削減事例とは -
販管費全体を分析して、削減ポテンシャルがある部分をトータルで見直しをした事例です。
コストダウンプロジェクトを立ち上げて組織を横断的に見直しする企業などもございます。

1.コピー機(本体代+カウンター料金)

現在の仕様・用途は変更することなく、金額を適正化します。
※ご希望によって現在のサプライヤーを変更することなくコスト削減可能です。

コピー機(リース):7台(食品製造業)
現状金額 25,000,000円
決定金額 12,000,000円
削減額 13,000,000円(52%削減)

2.カーリース

現在の仕様・用途は変更することなく、金額を適正化します。
※ご希望によって現在のサプライヤーを変更することなくコスト削減可能です。

カーリース:19台(不動産業)
現状金額 27,000,000円
決定金額 19,000,000円
削減額 8,000,000円(30%削減)

3.ガソリン代

現在の仕様・用途は変更することなく、金額を適正化します。

ガソリン代:25台(食品卸業)
現状金額 12,000,000円
決定金額 11,720,000円
削減額 280,000円(2.4%削減)

4.通信費 基本料金の見直し(固定電話・インターネットプロバイダー・社内ネットワーク費用など)

現在の使用状況を確認させていただき、適正なメニュー・単価になっているかを検証します。
削減効果がある場合や効率が良くなる提案ができる時は、ご提案します。 

(ホテル業)
現状金額 8,600,000円
決定金額 6,300,000円
削減額 2,300,000円(26%削減)

5.法定点検

現在の仕様・用途は変更することなく、金額を適正化します。
※ご希望によって現在のサプライヤーを変更することなくコスト削減可能です。

消防設備点検(製造業)
現状金額 3,200,000円
決定金額 1,700,000円
削減額 1,500,000円(47%削減)
電気保安業務(通信販売業)
現状金額   7,200,000円
決定金額 4,500,000円
削減額 2,700,000円(37%削減)

6.店舗清掃

現在の仕様・用途は変更することなく、金額を適正化します。
※ご希望によって現在のサプライヤーを変更することなくコスト削減可能です。

(百貨店)
現状金額 12,500,000円
決定金額 8,400,000円
削減額 4,100,000円(32%削減)

7.レンタルマット

現在の仕様・用途は変更することなく、金額を適正化します。
※ご希望によって現在のサプライヤーを変更することなくコスト削減可能です。

飲食チェーン運営
現状金額 22,800,000円   
決定金額 13,400,000円
削減額 9,400,000円(41%削減)

8.廃棄物コスト(燃えるゴミ・燃えないゴミ・廃油・段ボールなど)

廃棄物の回収・処理を担当者に変わってトータル管理します。
効果として、
1) 廃棄コストの適正化 2) 廃棄物の見える化 3) 担当者の手間軽減 4) リサイクル率UP 5) コンプライアンスの強化

飲食店16店舗
現状金額 3,600,0000円  
決定金額 3,030,000円(廃油の買取プラス分90,000円含む)
削減額 570,000円(18%削減)

9.テナント賃料

現在お支払いの賃料が、適正価格かを調査します。削減見込のある店舗に対しては、適正単価になるようにご支援いたします。
現在、全国で17,000件のコンサルティング実績を持ち、平均引下率は12%です。

飲食業4店舗
現状金額 28,000,000円
決定金額 23,800,000円
削減額 4,200,000円(15%削減)

10.店舗消耗品(洗剤・割り箸・たわし・ペーパーナプキンなど)

現在の仕様・用途は変更することなく、金額を適正化します。
※ご希望によって現在のサプライヤーを変更することなくコスト削減可能です。

店舗消耗品(小売流通業)
現状金額 22,000,000円
決定金額 20,300,000円
削減額 1,700,000円(8%削減)

お電話でのお問い合わせ

TEL:092-732-0237

受付時間:9:00~17:00 土、日、祝日除く

FAXからのお問い合わせ

FAX:092-732-0231

メールフォームからのお問い合わせ

メールでのお問い合わせは、下のボタンをクリックし、メールフォームよりお願いします。

メールフォームはこちら

このページのトップへ ▲